• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥の巣箱の設置

引き続き、TDKラムダの森での今年の新入社員研修です。
午後は、火曜日に製作した小鳥の巣箱を、製作チームごとに、自分達で選んだ木に取り付けました。

設置の高さは、地面から大体2.5mから3mの高さになるように、巣箱を設置します。
現在は地面が雪を覆っているので、その分の厚みも計算に入れて、高さを測りました。

取り付けは、シュロ縄で、幹に巻いて取り付ける方法を選択しました。
その理由は、木が太る頃には、自然に切れて落下させるためです。
せっかく取り付けたのにと思われるかもしれませんが、ずっとくっついたままだと、木の成長を阻害してしまいます。
(よく針金等が木に食い込んでいる風景を見たことがありませんか?)
形あるものはすべてなくなる、永遠に残る物はない、というのが、自然の掟です。
「思いやる心」と「やった経験」が残ることが大切だと考えています。

巣箱の下に写っている緑のテープは、残しておく木を示す選木テープです。

IMGP0791.jpg

チームごとに設置した巣箱の写真です。
IMGP0777.jpg

IMGP0789.jpg

IMGP0800.jpg

IMGP0797.jpg

IMGP0796.jpg

IMGP0795.jpg

狙い通り、設置できた班も、そうでなかった班もあったようです。
この夏、小鳥が入るといいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

山壮辿子盛事務局

Author:山壮辿子盛事務局
NPO法人山壮辿子盛 山森人(やまもりびと)事業部では、小さな命が安心して暮らせる環境の実現のための実践活動として、森の手入れ、整備、森林整備の啓蒙活動等を行っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。