• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TDKラムダの森 早春

3月に入り、森にもいよいよ春の気配がただよってきました。
DSCF1263s_1_1.jpg

DSCF1262_1_1.jpg

森内には動物の足跡がいっぱい。
これはウサギ(トウホクノウサギ)。
DSCF1252s_1.jpg

いたるところにウサギの糞。
DSCF1246s_1.jpg

糞と赤ション。ウサギのメスがいよいよ発情期に入った様子。
DSCF1241s_1.jpg

こちらは、キツネ(ホンドキツネ)。
DSCF1256s_1.jpg

指の痕は4つ。前足の痕に後ろ足を正確に重ねて歩きます。
DSCF1260s_1.jpg

春を告げる雪虫(セッケイカワゲラ)。幼虫時には水の中で暮らしますが、成虫は羽がなく、雪の上を歩いて上流へ戻って産卵するそうです。
DSCF1254s_1.jpg

キツツキのマンション。腐った木をつついて虫を食べたあと。
DSCF1272s_1.jpg

積雪期の森番の仕事の一つは、蔓切り。
木に巻きついた蔓を、鉈や鋸で切断します。
DSCF1273s_1.jpg

ずっと蔓に巻きつかれていた木は、蔓に雪が溜まりやすく、重みで枝が折れてしまうことが多いです。
DSCF1277s_1_1.jpg

あと2ヶ月ほどで、ここの雪もみんな解けてしまうことでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【TDKラムダの森 早】

3月に入り、森にもいよいよ春の気配がただよってきました。森内には動物の足跡がいっぱい。これはウサギ
プロフィール

山壮辿子盛事務局

Author:山壮辿子盛事務局
NPO法人山壮辿子盛 山森人(やまもりびと)事業部では、小さな命が安心して暮らせる環境の実現のための実践活動として、森の手入れ、整備、森林整備の啓蒙活動等を行っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。